読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポレポレ日記帳。

趣味はインテリア、ガーデニング、ダイエット。ぼーっとしているノマド主婦です。

【ムーミン谷の魅力】「わたしはわたし、あなたはあなた」

未分類



ムーミンの魅力を書こうと思うと、どこから書き始めていいのかわからなくなります。

スローライフを送っているムーミン一家にも憧れるし、スナフキンのイケメンキャラにも惹かれるし、ミィもすごく可愛いし・・・。
アリサとクラリッサが好きだから、もっとグッズを出してほしいし・・・。あれ?これはお客様の要望的なものですねw

ムーミンの映画とか本とかアニメとかをみていて、すごくいいなあと思うのは「あなたはあなた、わたしはわたし」という前提条件のもと、物語がすすんでいくというところ。

ムーミンに出てくるキャラクターたちは、みんな個性がつよくてマイペースです。

ミィはすばしっこくて毒舌で、思っていることを堂々と言う子。
スナフキンは孤独と自由を愛する旅人&詩人。フラッとどこかに行っちゃう。

ニョロニョロは・・・謎の電気w

みんなそれぞれとても個性が強いけれど、ぶつかり合うことはなく、喧嘩をしたとしてもすぐに仲直りをします。

それは「あなたはあなた、わたしはわたし」という前提があるからだと思います。

この前提がなかったら、ミィが独裁者になってしまったり、スナフキンがムーミン谷の住民たちを洗脳してしまったり、大変なことになりそうw

スナフキンがムーミンを洗脳してしまったら、ムーミンは冬眠せずに旅についていっちゃって・・・。えっと、ムーミンは冬眠しないとどうなっちゃうんだろう(ゾゾッ


Moominfamily.jpg
Moominfamily" by Teleimage, Telescreen, Visual 80 & Hiroshi Saitô ja Masayuki Ojima - http://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/5/5d/Moominfamily.jpg. Licensed under tekijänoikeuslain 25 § via Wikipedia.

仕事についても恋愛についても、家族もお金も、悩むときって、

  • 「わたしはあなた(にこう言われたから、こうやるしかないの)」→つらい!
  • 「わたしはあなた(の意見を聞き入れたくない…)」→つらい!
  • 「わたしはあなた(のために言っているのにどうして聞いてくれないの?)」→つらい!
  • 「わたしはあなた(をみてるとイライラするの。常識がないじゃない!)」→うらみ!
  • 「わたしはあなた(を助けたのに、あなたはそれを無下にした!)」→うらみ!
  • 「わたしはあなた(より生活レベルが低い…)」→つらい!


といったぐあいに、「私」と「あなた」がぶつかってしまったり、比べて自分が劣ってると思ってしまったときだと思います。

ムーミン谷はいつだって「あなたはあなた、わたしはわたし」。

私とあなたを比べると「あのひとのココが悪い」と粗探しをしたり、「あの人はブランド品をたくさん持ってるのに私は・・・」と悲観的になってしまったり、少なくとも私はそうなっちゃいます。

ムーミンをみていると、「私は私でありたいな」と思えます。
誰かに何かを言われて傷ついている時間もなければ、誰かを恨んでる時間もない。

「誰がどう言おうと、私は私なのよッ♪他人がなに?知ったこっちゃないわ!」(ちょっとミィっぽい?w)。

だからムーミンが好き。心がスーッと軽くなります。

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへにほんブログ村 インテリアブログへ
ランキングに参加中!応援クリックお願いします♪ - I have participated in the ranking. Please click ;)