読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポレポレ日記帳。

趣味はインテリア、ガーデニング、ダイエット。ぼーっとしているノマド主婦です。

支出を把握することで年200万円貯金が出来る

貯金
昨日は雪が舞っているなか、那須高原のアルパカ牧場に行ってきました「ぷあっぷ!」管理人です。
天気がよかったからいいのですが、もし天気が悪かったら、道路が凍っていたかもしれませんね(汗)。

さて今回もまた、貯金の上手な方に記事の作成を依頼して書いてもらいました。
この方は年収550万円のなか、最低でも年間200万円以上の貯金を出来ているとのこと。
是非、ご参考ください。

Mさん(40代女性)からの投稿




年収550万で年間で最低200万以上は貯金しています。お金については持論があります。
最も重要なことはコツコツを積み上げていくことだと思います。
小さなことでも決してバカにできません。むしろ小さな事をコツコツと継続していくことができないと貯まるものも貯まらないということが基本原則だと思います。
ローマは1日にしてならず・・・。これこそが教訓です。
そこで私が実践している家計簿への拘りをご紹介させていただきます。(続く)



【広告】



支出をコントロールできない人はお金とうまく付き合いきれていな、と思います。
多くの方が、毎月の一定の月収を生活の糧にされていることでしょう。

月収が急激に増える訳でもなく、むしろ景気の影響によって減少することも想定されます。
やはりどんなときも支出の管理を徹底して行うことは有益です。

私の場合は10年以上にわたって家計簿をつけております。
エクセルによる管理で全てデータ化しています。市販のペーパー家計簿は使用しません。
既に家計簿をお金を出して購入することがムダ銭だと思うからです。

元々エクセルは得意分野なため、自分の収入と支出に適した管理表を作成できるメリットがあります。
また、過去のデータを保存するにも検索するにもエクセルは私にとって最高の管理法です。

家計簿をつけることが面倒で3日坊主という方も多くいらっしゃるでしょうが、それでは何にいくらつかったのか、内容を把握できません。
つまりムダ使いを理解して、削減する努力さえままならないことになってしまいます。

本当にお金を貯めるにはお金の出入りを完全に把握することは極めて重要です。
私の場合は、基本的にレシートを必ずもらいます。レシートがある場合は1週間貯めて纏めて家計簿へ。

レシートがない自動販売機などは、その日の内に家計簿へ記入します。
そこまでするか!?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、自販機ジュース1本の記入が面倒なら、買わないならいいだけです。

いづれにせよ、支出を徹底的に把握することができなければ、何を削減すべきかの目標さえ見えないため、家計簿をつけるクセをつけることは重要だと思います!


【広告】