読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポレポレ日記帳。

趣味はインテリア、ガーデニング、ダイエット。ぼーっとしているノマド主婦です。

食費を節約する4つの方法

昨日は夜、ものすごく冷えて、ヒートテック下着×モコモコブルゾン×モコモコニーハイソックス×着る毛布を着用して寝ました「ぷあっぷ!」管理人です。
その上に布団と毛布(笑)。
朝起きたら暑かったせいか、ニーハイが脱げていなくなっていました。
まあいいさ!光熱費の節約さ!風邪をひかないための術なのさ!


さて。節約と言えば、1番身近で比較的簡単に削れるのは食費だと思います。
節約ブログが好きでよく読んでいるのですが、たまに目にするのは「これ位の収入だから、カップラーメンしか食べられません」という記事。
カップラーメンは高価です(笑)。
高価というのは、費用対効果が非常に悪い食品という意味での高価。
100〜200円程度の金額であの栄養価…。長い目でみると、カップラーメンばかりでの生活は健康にも悪いですしね…。
今回は、私が実践している食費の節約術をご紹介します。
簡単で、それでいてひもじい思いをしない方法ですのでYO チェケラ!


1.買い物は週に一回まとめ買いする


必要なものをその都度買いに行くと、不要なものまで買ってしまうことが多い私。
毎日のようにスーパーは違うお買い得品を設定されるので、得だからとつい買ってしまうんですよね。
なので買い物は週に1回、多くても2回とまとめてするのがオススメです。
「明日ならば、肉は安くなるけど…」などということは考えないようにしましょう。
個人的にオススメなのは日曜日の夜です。

スーパーにもよりけりかもしれませんが、割と日曜日の夜はお肉やお魚が半額になっていたり、野菜も特売になっていることが多い印象。(続く)



【広告】



2.買い物に行く店は1つにしぼる




卵はここ、肉はここと決めても、つい他の商品を買ってしまうことも。
また、数店舗を回っている時間はハッキリ言って無駄です。
最近ではポイントを付与してくれる店も多いので、一つに絞った方が長い目で見ればお得。
※今週はこの店、来週はこの店という買い方の場合は、店が複数でも問題ありません。

3.食材をできるだけ早く調理をして冷凍する



例えば野菜は切って茹でて、ジップロックなどに入れて冷凍します。
こうすれば、ほうれん草など、すぐにへたる野菜も新鮮なまま使えます。
また、使いたいときは冷凍から取り出して入れるだけですので、料理の時間も短く済みます。
副菜として、ヒジキやキンピラゴボウなどを先に作り、使う分量ごとに分けて冷凍しておくと便利!
新鮮な野菜を冷凍することはできませんが、おかずならば冷凍できます。

4.食材を工夫して料理を作る




例えば、こんにゃくや高野豆腐が便利。
この2つの食材に豚バラ肉を巻いて焼けば、食感や味は豚バラ肉に近く、ボリュームが出るのに、肉の量は少なくすみます。しかもヘルシーです。
(※お肉は豚バラやひき肉を使って野菜などと炒めると、少ない量でもお肉の油が野菜にまとって美味しくなります♡)
ラーメンや焼きそばのトッピングにはモヤシがベストです。
ただ、モヤシは足が早いので、その日のうちに使わなければならないという欠点があるので要注意。
モヤシよりキャベツの方が高いですが、もちが良く、応用の効く食材でもありますので、その都度ベストな買い物ができるといいですね。

最後に

いかがでしたでしょうか。
最後になりますが、いくら節約したいとはいえ「絶対にこうしなくてはいけない!」と、ガチガチにルールを守ろうとしないことが最大のポイントでもあります。
例えば、お惣菜は割高ですが、忙しい日は買えば良いし、料理をサボっても良いのです。基本スタンスは持ちつつ、堅苦しくなりすぎないことが、続けられるコツだと思います。

【広告】