ポレポレ日記帳。

趣味はインテリア、ガーデニング、ダイエット。ぼーっとしているノマド主婦です。

お金がどんどん貯まる5つの節約習慣

寒いのにうっかりアイスティーを注文してしまい、身体の芯から冷えています「ぷあっぷ!」管理人です。
この記事を更新したら帰ろう!@カフェ

今回は「お金がどんどん貯まる5つの習慣」というテーマで書いていきたいと思います。

1.昼食はマイ弁当を持参する



最近は、ハンバーガーや牛丼などとても安く購入することができ、昼食代を安く済ませることも可能になってきましたよね。
しかし昼食は家で作ってくるのが一番安く、そしておいしく食べられるのです。

ポイントは夕食づくりの際、明日の昼食のおかずをイメージして作ること。
そうすると夕食とお弁当をいっしょに作ることができて、時間の節約までできちゃうんです!

和食の基本は一汁三菜といいますが、おかずを三品詰め合わせれば出来上がり。
原価にしてみたら、ご飯も合わせて平均200円を切る計算に。

ちょっとした飲食店に入ると昼食代は700円はかかるので、差し引き500円も節約できます。

1年に250日間マイ弁当を持参することで、125,000円も節約できちゃいます。(続く)



【広告】



2.常にマイボトルを持参する



街中の至るところにおいしそうな清涼飲料水の自動販売機が並んでいますが、飲もうとすると130円の缶コーヒーや160円のペットボトルばかり。
たまに買う程度ならいいのですが、毎日1本ずつ飲むだけで、「チリも積もれば」、いつの間にかすごい金額を自動販売機に突っ込んでしまうことになっちゃいます。

もし毎日2本ずつ自動販売機で購入するとすると、1日200円以上を遣ってしまう計算になります。
自動販売機をやめれば、1年で5万円の節約となります。
今はマイボトルがエコ!環境に優しいと推奨される時代ですから、是非実践してみましょう!

3.スマホはMVNOに切り替える



スマホは、MVNOと呼ばれる仮想移動体通信会社の提供するスマホが、キャリアのスマホの1/3の料金で、不足なく使用できます。
家族4人なら、月に16,000円の節約です。1年間で192,000円も節約できます。

4.禁煙する



家族の誰かがタバコを吸っていたら、すぐにでも止めさせましょう。
今や1箱400円以上の時代です。毎年増税が話題となっているので、これからも上がる可能性があります。

1日1箱吸う人がいたら、禁煙するだけで、年間153,300円の節約となります。

また、節約だけでなく、タバコは万病の元となり、COPDや脳疾患、心臓疾患、高血圧症、糖尿病などの高リスク者ともなり、将来の健康や医療費のことを考えるとすぐにでも止めるべきです。

5.禁酒





お酒を止めることも節約では、ものすごい効果が!
特に毎日の晩酌を楽しみにしている人には耳の痛い話ですが、お酒を飲めば、当然つまみが必要です。
そしてたまには外で飲みたくなります。

飲めば付き合いで、はしご酒も出てきますね(自分で書いてて耳痛いw)。
帰りにタクシーを使うこともあります(あ…あ…)。
こうやってお酒はどんどんお金を使います。節約したいなら、禁酒は必須です。

最後に


いかがでしたでしょうか。
以上5つの習慣を徹底するだけで、驚くほどお金は貯まります。
一度お金が貯まる習慣がつくと、衣料費、高熱水費、食料費などさまざまな場面で、節約する意識が高まり、相乗効果でどんどんお金が貯まっていきますので、是非挑戦してみて下さいね。

【広告】