ポレポレ日記帳。

趣味はインテリア、ガーデニング、ダイエット。ぼーっとしているノマド主婦です。

たかの友梨が嫌いだったけど、ちょっと好きになってしまった

タコスのにおいがするなーと思って歩いていたら、前を歩いているおっさんがワキガでした、わたちゃんです。

今日はどんなダイエット記事を書こうかなーと色々まさぐっていたら、こんな動画を見つけました。

 

f:id:watakochan:20130711193318p:plain

「株式会社不二ビューティ たかの友梨ー誰にも負けたくなかった」

 この動画は賢者.tvという「アジア最大級の社長動画サイト」からみつけました。

(ちなみに今話題のワタミ株式会社の社長動画もありました。)

 

 

今まで私は、どちらかというとこの人のことが苦手でした。

というのも、4億円の豪邸に住んでいたり、宝石をジャラジャラつけていたり、なんか癪にさわるというか、従業員をこき使って自分は豪遊してるのか!?とテレビに映るたびにイライラしながら見ていました。

(エステ業界がなんとなく胡散臭いと思ってるのも影響していると思います)

f:id:watakochan:20130711195601p:plain

 

しかし今回この動画を見て、

「あれ?結構苦労してるんだな...。ここまで築き上げるの大変だっただろうな。」

「あー、たかの友梨はすごいな。そうだよな。成功は隠すものじゃなくて見せるものだよな。」

と、ちょっと好きになってる自分に気づきました。

これは洗脳ですか?なんですか?

簡単に動画の内容を下にまとめます。

 

【たかの友梨のヒストリー】

◆幼少時代

養母は育ての親なので私に似ていませんでしたが、当時の女性では背が高く、綺麗で、一緒にいると誇らしかったことを覚えています。

そんな母に憧れてキレイなものが好きになりました。

自分が養子であると知ったのは中学生の時でした。

(略)

女手一つで育ててくれた母から、娘の私も女手一つで子供を育てられるようにと、手に職をつけることを勧められました。そして、やるからには「一番になる」という思いで、理容師の道を決断しました。理容師として昼は住み込みの見習いとして働きながら、夜は定時制の高校に通う生活をしていました。

【スポンサードリンク】

-------------------

◆社会人時代

学校と掛け持ちの理容師の仕事では、困難に直面することもしばしばでした

(略)

念願の一人前の理容師として、お店に出られるようになった私は、休日は別のお店で仕事をし、夜は皿洗いのバイトをして、人の何倍も働き続けていました。ある時、自分の顔をふと見ると、ニキビでいっぱいの自分の顔が映っていました。悩んだ挙句、化粧品店に足を運ぶようになりました。そしてある日、思い切ってビューティアドバイザーの方に「私もあなたみたいな仕事ができるかしら?」と尋ねたのでした。それが、化粧品会社に入社するきっかけとなりました。

◆起業のきっかけ

化粧品会社に入社し経験を積む中で、女性は「夢を買う」生き物だということを知りました。このことを機に、パリで流行していたエステティックサロンに注目し、単身パリ渡り、技術を学びました。帰国後、美顔器の販売からスタートし、そこで貯めた資金を元に1978年9月「たかの友梨ビューティークリニック」をオープンしました。

◆起業当初

一号店である新大久保店が上手くいき始めるとすぐに、次は青山・表参道に店を出すという目標を立てました。銀行にいきなり飛び込んで融資の話を持ちかけました。支店長は驚いていましたが、最後は熱意が通じ首を縦に振ってくれました。この時には思わず涙がこぼれましたね。後で知ったのですが、女性に一億円の融資を行ったのはこの銀行では初めてだったそうです。夢を諦めずに持っていれば、その思いは相手の心に伝わるということを実感した出来事でした。

*1

 

私が影響されやすい人間だからかもしれませんが、たかの友梨カッケー!

26歳で起業して、世間から注目される経営者になったのかー!

幼少時代、青春時代はかなり苦労していたようですが、その時期に運が悪かったからこそ今の成功があると思えるとのこと。

スターだなー、輝かしいなー、神々しいなー。

また、たかの友梨は動画内でこんなことを言っています。

 

「ゴルフもしなければいけない。

 海外旅行もしなければいけない。

 宝石も合ったものは全部つけて人に見せなきゃいけないと思うのね。」

 

「今、みんな隠す隠す隠すじゃないですか。

 そうじゃないと思う。

 成功したら見せて、

 成り上がりドリームを人に見せて行くのが仕事だと思うの。」

 

「誰かが元気になって、あの人でも出来るんなら私もやってみよう。

 そういう元気を与えられたら生きてきた価値があるなと思う。」

 

「働くことを嫌う人は決して幸せになれない。

 人に無いものを1つ、高さを出しましょう。

 それを3倍努力すれば、3倍働けば、あなたは必ず幸せな人生を送ります。」 

 

 

成功は見せるもの。人生は自分のイメージ次第。

ただの成金おばさんだと思っていてごめんなさい。

卑屈な目で見てしまっていてごめんなさい。

今回この動画を見て思いました。

私も成功して、青山に土地を買いたいです。

カイエン、ポルシェに乗りたいです!(さいてょ)

 

たかの友梨ってすごいですね。

私なんかが「すごい」とか「尊敬」なんて言っていいのかと思ってしまいます。

でも、でも...、エステには行かないよ。

夢だけ買って痩せなかったら嫌だもの。

というか、昔とあるエステの格安体験に行って無理矢理30万のローンを組まされたことがあったからもうトラウマだよ。

密室に閉じ込められて、「今痩せないでどうするんですか〜」とか「私はお客様のキレイを応援したいんです〜」とかめちゃくちゃ説得されてこわかったよ。

もうその場をしのぐためにはサインするしかなかったんだよ。

つらい、つらいよ、思い出しちゃったよー。

やっぱりエステ業界は苦手です。たかの友梨もなんだかんだ言ってやっぱ苦手ですごめんなさい。

 

運が悪くってよかった!―たかの友梨自伝

運が悪くってよかった!―たかの友梨自伝